美しい背中へ!背中ニキビの原因と背中ニキビのケア方法と予防策!

背中にニキビができる原因って?

 

寝汗が原因

仰向けで寝ている人は一番背中に汗をかきますからこの汗が原因でニキビが発生する


洗濯洗剤、柔軟剤が原因

背中は常に洋服が触れている部分ですから洗濯洗剤、柔軟剤が肌に合わなかった場合に1番影響の出てきやすい箇所です。


シャンプー、整髪料が原因

洗髪後、髪はもちろん頭もしっかり流しているつもりでもじつはどうしても残ってしまったり、お風呂から上がった後から髪の毛が乾くまでの間に背中にシャンプーやトリートメントが付いてしまうわけです。


日焼けが原因

日焼けすると、皮膚の角質を硬くしてしまい、背中などににきびができやすくなります。


食事が原因

チョコレートやケーキのような糖分の高いもの、もち米が原料となっているせんべい類なども背中にきびができやすくなります


乾燥肌が原因

冬場に背中にきびができやすい人は、乾燥が原因となっていることがおおいです


ストレスが原因

ストレスを感じると、緊張状態になり、血流が悪くなります。すると、男性ホルモンが多く分泌されてしまい、過剰な皮脂分泌と重なり、にきびができるのです。


 

背中ニキビができる原因は過剰な皮脂と乾燥でした!

 

汗をかきやすい部位である背中は、汗をかきっぱなしの状態では蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい傾向があります。皮脂の分泌により毛穴が詰まり、炎症を起こしやすく、普段、服を着て行動するため服が肌に摩擦として刺激を与えてしまうこともあります。

 

 

乾燥により水分量が減少することで角質がが硬くなり毛穴が細くなり「毛穴が細くなる→皮脂が詰まりやすくなる→ニキビになりやすくなる

髪はもちろん頭もしっかり流しているつもりでもじつはどうしても残ってしまったり、お風呂から上がった後から髪の毛が乾くまでの間に背中にシャンプーやトリートメントが付いてしまうわけです

 

生活習慣の乱れやストレスといったことが肌に対して影響を与えることもあり、肌荒れや肌の炎症を起こしやすいため、生活状況をチェックして肌にとって悪影響となる習慣などは改善していきましょう。

 

背中ニキビの治し方って?

背中ニキビの治し方は、肌を清潔にすることが大切です。シャワーで肌に付着した汗や汚れを洗い流しておくことが大切です。また、できるだけ早く治すためには、生活習慣の改善をしていくこと、食生活でも肌に栄養が不足しないように栄養バランスのとれた食事をしておきましょう。

ニキビの悪化を防ぐことも大切です。摩擦による刺激は炎症を悪化させるため、服などの摩擦やいすなどに腰掛けた場合の背もたれによる圧迫などには注意しましょう。

また、背中ニキビケア商品などで対策をすることも有効な手段です。

それ以外にも精神面の安定、ストレスの解消によってもホルモンバランスの安定につながるため、肌の状態の改善やニキビを予防することにもなります。できるだけストレスが溜まらないように適度な気分転換をしてみるということもニキビ予防や対策につながります。

 

治らない場合は別の皮膚疾患の可能性もあり?

 

対策をしても、治りが悪い場合や症状から回復しない悪化するような状況なら、別の皮膚疾患の可能性があります。

 

その場合には、皮膚科など医療機関で診察を受けることも大切です。専門の医師による診察ならば、皮膚の異常に対しても正しい診断や治療をしてもらうことができるため安心です。

 

背中ニキビができてしまうと、なかなか治りにくいという特徴はありますが、自分なりの対策をしても症状の変化がない、治りが遅いという場合には、無理をせず医療機関を頼るようにしましょう。

 

ニキビだと思い込んでいても、別の皮膚疾患の場合には症状が悪化してしまうこともあるため、正しい治療を受ける必要がでてきます。

 

症状から自己判断することも大切ですが、勘違いをしている場合には、自分なりに対策をしても症状は改善されないこともあります。少しでも早く肌の状態を回復したい場合には、皮膚科など医療機関を頼り、きちんとした治療を受け症状から回復させましょう。

 

 

 

 

コメントを残す